コンビニの無駄遣いをなくす方法

コンビニの無駄遣いをやめるには?成功者おすすめの節約術

コンビニの無駄遣いは、一回あたりに使う額はそれほど大きくはないけれど、それが毎日のこととなると、意外と高額になっていることも。コンビニに寄らない方法や買い食いをやめる方法が知りたいという人は、ここで紹介する9人の節約術を参考にして、コンビニの無駄遣いから卒業しましょう!

コンビニの無駄遣いをやめるには?成功者おすすめの節約術

どうやってコンビニの無駄遣いをやめましたか?

今回、コンビニの無駄遣いから抜け出すことに成功した9人のみなさんの中には、多い人でひと月あたり1~3万円の節約につながったという人も。

コンビニの無駄遣いをやめる方法としては、コンビニに行っても無駄な物は買わないこと、さらに、コンビニ自体に行かないことがあげられます。コンビニ通いをやめたい!と切望されている人は、次の6つの方法の中から、きっと自分に合ったやり方を見つけられるはずです。

1.朝コンビニに行かない

毎日行くコンビニ

月々一万円の節約

ならまさん

26歳

女性

会社員

沖縄県

私はコンビニが家の近くにあるということもあり、毎朝仕事に行く前にかならずコンビニに寄り、通勤中の飲み物と仕事の合間に食べるお菓子を買っていました。

そんな生活を一年くらい続けていたのですが、毎朝500円程度使うことが大きい出費になっているかもしれないと思い始め、節約してみることにしました。

まず朝のコンビニに行く習慣をやめました。一カ月続けたところ、月に12000円近く浮きました。その事実に驚き、それからはコンビニに行くのをやめて、菓子が欲しかったら、普段食材を買っているスーパーでまとめ買いをしておこうと決めました。

それから月に1万円程は節約できているので、今までとても無駄遣いをしていたなと後悔しました。

一ヶ月で10,000節約できました

みっきーさん

30代後半

女性

主婦

福島県

コンビニでの無駄遣いに気づいたのは朝の通勤時間でした。夏は暑いから、冬は寒いからという理由で、用事もないのにどうしてもコンビニに入ってしまっていました。

さらに、目に入ったものを買うようになってしまうという悪循環で、必要かどうかに関わらず、これが毎朝の習慣になってしまっていたのです。これではいけないと思い、毎朝コンビニに入るのをやめるために、朝ごはんは家で食べることにしました。

毎朝、必ず買ってしまっていた朝ごはんとコーヒー代分として、500円×20日で約10,000円は節約できたのではないかと思います。

ただし、朝のコンビニはやめられましたが、昼や夜、外出時に、コンビニはつい入ってしまうことはやめられていません。

2.夜コンビニに行かない

コンビニ店内

1か月で4,000円の節約

なべをさん

40代前半

男性

会社員

神奈川県

コンビニで夜遅くに夕食を買う時期があったのですが、どんどんお財布からお金がなくなるようになりました。ポイントをもらうために、コンビニの電子マネーに毎回1000円単位でチャージしていると、お財布からお金がなくなるわけです。

このようなことがきっかけで、コンビニで夕食を買うのをやめようと思いました。出来るだけ早めに帰り、スーパーの惣菜を買うことにしたのですが、スーパーは閉店時間前には値引きされており、中には半額のものもあるので、かなりお得感があります。

スーパーが空いている時間に帰宅できれば、そちらに足を延ばすようになり、コンビニで夕食を買うのをやめてから1か月で4000円は節約できました。コンビニは夜遅くでも便利な反面、値段が割高だということに改めて気づかされました。

3.小銭しか持って行かない

月5,000円ほど節約

emi65さん

37歳

女性

パート・アルバイト

広島県

コンビニを日ごろからよく利用していて無駄遣いが多いと感じていました。スーパーで買うより割高な物や余計なお菓子やペットボトルのジュースなどの出費が多かったので節約しようと思いました。

無駄遣いをやめるため、コンビニに通う回数を減らし、さらに、コンビニに行く時はデビットカードを持たずに、お財布には小銭を少しだけ入れて行くようにしました。また、ATMで余計な現金を引き出さないようにしました。

それらのおかげで、コンビニでの無駄遣いが8割ほど減り、月5,000円ほど節約はできるようになりました。節約した分を貯金してかなりお金が貯まり、今までいかにコンビニで無駄遣いしていたのかがよく分かり、無駄遣いを減らしてよかったです。

4.ホットスナックコーナーはスルーする

1回あたり1,000円の節約

ちーちゃんさん

25歳

女性

主婦

埼玉県

コンビニのホットスナック

私がコンビニの無駄遣いをやめようと決めたきっかけは、ダイエットを兼ねた節約のためでした。

コンビニのホットスナックが大好きで、コンビニに寄るとお腹が空いていなくても必ず1つ以上は買い、お腹が空いている時は、3つは買っていました。おかげでちょっぴり太り気味でした。

自分でお金を稼げるようになった高校生の時から、コンビニでの無駄遣いを続けていましたが、結婚をしてからは、お腹が空いていないのに買うことに対して、ようやく勿体ないと感じるようになりました。

無駄遣いをやめるための節約とダイエットのために、コンビニには用がある時にだけ立ち寄るようにし、その際、ホットスナックをできるだけ見ないように心がけました。その結果、毎回ホットスナックの分の1,000円近くが節約できています。

5.飲み物は買わずにマイボトルを持ち歩く

月3万円の節約

たけしさん

38歳

女性

パート・アルバイト

北海道

給料日の1週間前になるといつも通帳の残高がギリギリになり、緊張感を強いられる日々になっていました。

どうしたら余裕のある生活が送れるのか考えてみると、いつも気軽に寄っているコンビニで、飲み物やお菓子を買っているせいだと思いました。

それ以来、コンビニに寄らないようにして、飲み物は水筒に入れて持ち歩くことにしました。どうしても飲みたい時には、スーパーで定価の半額の商品を買うようにしました。

今までコンビニには、ほぼ毎日行っていましたが、月に1度程度になり、月に3万円くらいは浮いているかと思います。少し寄ってしまっただけで、ついついコーヒーや唐揚げなども買ってしまっていたので、ダイエットにもなっているかと思います。

ひと月あたり5,000円の節約

ゆみさん

30代前半

女性

会社員

東京都

無駄遣いをやめようと思ったのは、あまりにもお小遣いが足りなくて、貯金に回すお金が無くなったからです。家計簿を見直した結果、コンビニでの購入が目立ちました。

一番多い出費はペットボトルでしたので、それからは、家で作った麦茶を水筒に入れて出かけるようにしました。それでもコンビニの無駄遣いは80%くらいやめられたと思います。ひと月あたり5000円くらいが節約できました。

ただ、あまりにも節約を厳しくしてしまうとストレスになるので、ほどほどに節約するようにしています。苦痛にならない程度で節約をしていくことで、長く続けられています。

6.スーパーで安く買う

月1,000~3,000円の節約

カカポさん

40代前半

女性

その他

愛知県

コンビニに寄ると、なんとなくお菓子を手に取っていました。また、スーパーとは違う冷凍食品もついつい買ってしまいます。私は車がないので、荷物が重くならないように、買い物にこまめに行っているため、コンビニに行く回数も増えたのだと思います。

そんな時、家のリフォームを考えて節約しなくてはと思い始め、まずコンビニを利用する頻度を減らして、節約することが重要に思えました。それからは、お菓子や飲み物はスーパーで、ビールは大型酒店で買うことにしました。

コンビニでの無駄遣いをやめたところ、コンビニでの出費は半分近くになったでしょうか。たぶん1,000~3,000円は減らせたと思います。あまり劇的な変化とはいえないかもしれませんが、なんとなく無駄が減って気分が良いです。

月に12,000円の節約

ガーリックさん

40代前半

男性

その他

愛知県

外食中心の生活を送っていたのですが、家計のことを考えて食費を節約するために、自炊をすることにしました。自炊するにあたり、食材を入手するためにスーパーを利用するようになりました。

スーパーは主婦の行くところというイメージが強く、これまで滅多に足を運んだことがなかったのですが、行ってみると食材だけでなく日用品も売っているし、すぐ食べられるお弁当まで売っていて、品揃えはコンビニと遜色ないと感じました。

しかも、同じ商品ならスーパーの方が安いのです。毎日コンビニに寄ってお菓子かアイスとかを買っていたのですが、お菓子代だけでも2割は節約できるようになりました。

自炊する前は、夕食に毎日700円ほどかかっていましたが、自炊するようになって1日200~300円で済むので、一日に400円、月あたり12,000円の節約になっています。