メルカリで失敗する原因とは?

メルカリの失敗談10選!出品でありがちな間違ったやり方

メルカリでの失敗は、売り上げが減るだけでなく、最悪の場合は多額の損失を招く可能性もあることから、日頃から慎重に取引することが大切です。メルカリの失敗には、どのような原因があるのでしょう?
10人の経験者にそれぞれの失敗例をあげていただきました。

メルカリの失敗談10選!出品でありがちな間違ったやり方

メルカリへの出品で失敗した10人の体験談

メルカリは気軽に利用できるフリマアプリとはいえ、取引で失敗してしまったという人は少なくありません。その中でも今回は、損失を招きかねない出品についての失敗をご紹介。

今後、同じような失敗をしないためにも、10人の体験談をぜひ参考にしてください。

1.価格設定ミスで赤字になった

価格を一ケタ間違えた!

てつさん

30代

男性

その他

千葉県

価格を一桁安くしていたことに気づいたメルカリ出品者

スマートフォンの機種変更に伴い、不要となったiPhone6sを高く売れないかと考えた結果、メルカリに出品する事にしました。

初めてのメルカリへの出品で、試行錯誤しながら何とか出品を終えると、すぐに購入の通知がきました。何度かメッセージをやり取りして、品物の発送も無事に終わり、数日後に受け取り評価のメッセージが届いた時のことです。

初めて設定価格を1ケタ間違えていたことに気づきました。2万3千円としたつもりが、2千3百円となっていたのです。もちろん、取引は完了しているためキャンセルすることもできず、泣く泣くあきらめました。

出品時に価格をしっかり確認しなかった私のミスです。それ以降、出品時の価格確認は念入りに行なうようしています。

2.分かりにくい画像が勘違いされた

床に散らばる茄子の正体とは?

かなさん

20代

女性

会社員

東京都

なすび

メルカリにダイエット器具を400円で出品したのですが、うまく撮れなかった写真をそのまま載せたら、ベルトの部分が紫色に写ってしまったため、ベルトを曲げて床に置いた状態がまるで茄子を床にばら撒いたように見えました。

そうしたら、たくさんの人から「茄子がダイエットにいいのですか?」とか「茄子が400円もするんですか?」という問い合わせがきました。ちょうど野菜の値段が高いときだったので、誤解を招いてしまったようです。

もっとちゃんと写真を撮っていれば、誤解されることなく、スムーズに取引ができたかもしれないと思いました。

それ以降、写真写りは特に気にしています。そして、タイトルも明確にするようにしています。

3.送る商品を間違えた

確認したつもりになっていてはダメ

アカネさん

30代

女性

主婦

神奈川県

出品していた書籍が同じ日に2冊売れたため、翌日コンビニで発送手続きを行いました。

間違えないようにわざわざ違う袋を用意して、さらに付箋を貼り、コンビニの店員さんにまで一緒に確認してもらいながら、慎重に慎重を重ねて発送したはずなのに、購入者の方から違う商品が届いたと連絡がありました。

本来ならば、もっと早く取引が終了していたのに、再発送することになったため、取引開始から終了までに10日もかかってしまいました。購入者の方にご迷惑をかけ、私自身も精神的に辛い思いをしました。

どこでどう入れ替わったのか分からないのですが、それ以降は、必ず一つずつ発送することにして、間違いのないよう細心の注意を払っています。

4.古いページを削除せず再出品した

二重出品で謝罪

たなきさん

20代

男性

無職

鹿児島県

先日、読み終えた漫画を全巻セットで出品したところ、「○巻だけ欲しい」という方が複数いたので、バラ売りにして再出品し、結果4冊ほど売り上げました。

ところが、最初に出品した方の削除を忘れていたため、二重出品の状態に。後日購入されているのに気づき、その方には謝ってキャンセルしていただきました。

その方が快く了解してくださったので良かったですが、メルカリではキャンセルするためには双方の合意が必要なため、相手に合意してもらえないと、最悪の場合は新しく商品を用意するしかないということを聞きました。

それ以来、出品の際は「購入の前に必ずコメントをして、私のコメントを待ってご購入してください」と記載して、取引前に在庫の確認ができるようにしています。

5.専用出品した商品を別の人が購入した

予想外の割り込み購入!

あきこさん

30代

女性

主婦

静岡県

上野動物園の入場券を出品して、すぐに質問が入りました。何度かやり取りをする中で、「何日までに購入します」というコメントがきたため、その人のために専用出品することになりました。

しかし、約束の日の当日になっても購入されない状態で、なんと別の人が購入してしまったのです。他の人が買わないように、誰が見ても分かるように「○○さん専用」と掲載していたのですが、非常識な人がいるものだと正直驚きました。

ちゃんと「○○さん専用の商品なので他の人が入札した場合にはお断りします」と書いておけばよかったのですが、そのまま他の人の手に渡ってしまったのです。

この失敗から、専用出品する際は、その人以外は購入を受け付けないことを、きちんと注意書きしておくべきだったと痛感しました。

6.取り置きの商品を別の人が購入した

まさかのダブルブッキング

えなさん

20代

女性

パート・アルバイト

東京都

アンビーのブレスレットを出品した際、最初にコメントをくれた方が数日後に入る売上金で買いたいと言うので、取り置きでという形でお話が進んでいたところ、他の方に購入されてしまいました。

その方がおっしゃるには、メルカリでは取り置きなどの行為は禁止されているというのです。だからといって、最初の方と約束した手前、お断りもできません。

利用し始めたばかりで自分自身ルールが曖昧だったため、結局、メルカリの事務局に問い合わせて、取り置きの方を優先させていただきました。

ご購入いただいた方には不愉快な思いをさせてしまったので、以後気をつけていきたいと思いました。現在は取り置きせずに、最初にご購入していただける方を優先しております。

専用出品や取り置きは、メルカリ内で禁止されている行為ではありませんが、トラブルに繋がる可能性があるとして注意喚起されているため、「メルカリの専用出品(取り置き)について」に書かれている内容を十分理解して、お互いが気持ちよく取引することが大切です。

7.届いた商品が破損していた

しっかり梱包することが大切

桜木さん

20代

女性

パート・アルバイト

千葉県

商品を梱包するメルカリ出品者

刀剣育成シミュレーションゲームのキーホルダーとマグカップをセットで出品しました。

キーホルダーをギフト用のビニールに入れ、それをマグカップに入れて周りを覆うように梱包材を巻いて発送をしたのですが、マグカップの中にあったキーホルダーだけが割れた状態でお客様の手元に届いてしまいました。

おそらく荷物がお客様の手元に届くまでに、振動や他の荷物との接触があったのだと思われます。定形外郵便で発送したため、詳しい原因を知ることができませんでした。

それからは、複数の商品を一緒に発送する時は、各商品に梱包材を巻くようにしました。重さが増すため郵便代が高くなってしまいますが、その分金額を上げるなどの対策をしています。

8.梱包の際に商品を破損してしまった

うっかりでは済まないことも

はるさん

20代

女性

パート・アルバイト

神奈川県

ディズニーリゾートで買ったキーホルダーを出品致しました。自分でも使っていなかったので、新品未使用タグ付きの状態で定価とほぼ変わらない価格で出品しました。

コメントをいただき、購入後にいざ発送しようと梱包を始めたところ、床に落として鼻の部分が欠けてしまいました。新品同様ということで購入していただいたものですので、事情を説明してキャンセルさせていただきました。

私の不注意から、楽しみに待っておられた方に送ることができないのは、こちらとしても大変申し訳ない気持ちでいっぱいでした。自分の所有物とはいえ、一度出品した商品はお客様の物であるという意識が薄かったと思います。

これからは、メルカリは自分のお店であり、商品では売り物であるという意識を持って、利用していかなければならないと感じました。

9.大型商品の発送に大苦戦した

骨折り損のくたびれ儲け

コウコさん

40代

女性

パート・アルバイト

愛知県

家で使わなくなったエアロバイクを出品しました。大型の出品は、大型メルカリ便を指定しないといけないので、出品金額が9,000円にかかわらず、送料だけで6,000円近くかかってしまいました。

しかも、配送方法を間違えて選択したせいで、家にも引き取りにきてもらえなかったため、自分で車に乗せて宅配便の集配センターまで持って行くハメに。

さらに、商品が大型なので梱包もできず、配送センターの人と相談して、その場で購入したダンボールを巻きつけて発送したので、凄く大変だったのに利益なしでした。

それから注意していることは、あまり大型の物をメルカリで出品しないことです。また、配送区分を間違えると大変なので、きちんとチェックしています。

10.切手代を間違えて送料が不足した

重さやサイズで料金が違うなんて…

マサ男さん

20代

男性

会社員

北海道

切手

私は遊戯王カードを主に出品しています。メルカリを利用しはじめた頃は失敗の連続でした。

遊戯王カードが売れると、相手と自分の住所・氏名を書いた封筒に、梱包したカードを入れ、普通郵便で送っていたのですが、普段手紙を出さないので、封筒の重さによって切手の金額が違うことも知りませんでした。

そのため、取引相手様から「送料不足です」というメッセージがよくきていました。とりあえず送ればいいという思いでやっていたのが間違いでした。

それ以後は普通郵便で送る際はポストに入れるのではなく、郵便局の窓口に直接持って行くようにしています。そうすれば、その場で金額が分かって、まとめて支払うことができるし、いちいち切手を貼る必要がなくなりました。

メルカリでのうっかりミスをなくすために

今回紹介した10人の失敗談の中には、経験不足やルールが分からないことが原因の失敗がいくつかありました。よく分からないまま利用して失敗し、お互いが嫌な思いをしたり、損してしまったりすることは、とても残念なことです。

メルカリの利用方法やルール、マナーをよく知らないという人は、利用者向けのメルカリガイドをよく読んで、そのような失敗の予防に努めましょう。

また、メルカリなどのフリマアプリでのトラブルはつきものです。未然に防ぎたいという方はフリマアプリのトラブル12選を読んで、ぜひ参考にしてください。